MENU

>>売上実績が日本一の「保湿ケア化粧品」でアトピーケア!<<


保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

<日本小児看護学会>でその効果が発表されたすごい砂糖です!

ヘパリン類似物質とは

ヘパリン類似物質とは、肌の角質層を修復する物質です。

 

肌の構造は、基底層、有棘層(ゆうきょくそう)、顆粒層、角質層からなっています。
角質層には、細胞と細胞の間に細胞間脂質というものがあります。
細胞と細胞を繋ぐ役割をしています。
脂質と水分が交互に層をなしている構造をしています。
これをラメラ構造といいます。

 

ヘパリン類似物質とは、ラメラ構造を細胞間脂質や水分のバランスを整えて修復する役割をしています。

 

角質層の細胞には、アミノ酸や尿素など肌の内側の水分を保つ働きをしているものがあります。
ヘパリン類似物質は、これらを増やす働きをしています。

 

肌はヘパリン類似物質の働きにより、乾燥を防ぎ潤いのある肌へ導いてくれます。
アトピー性皮膚炎の治療にも用いられる、ヒルドイドの成分にヘパリン類似物質が入っていることがあります。
乾燥しやすく、外界からの影響を受けやすい肌状態にあるため、効果があると言われています。
アトピー性皮膚炎の人は、肌のバリア機能が低下した状態にあります。

 

ヘパリン類似物質は、セラミドというバリア機能を持った成分を増やす働きがあります。