MENU

>>売上実績が日本一の「保湿ケア化粧品」でアトピーケア!<<


保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

<日本小児看護学会>でその効果が発表されたすごい砂糖です!

保湿剤でアトピーが悪化する?

肌のバリア機能が壊れ、かゆみや湿疹が起こってしまうアトピー性皮膚炎では、いかに肌を保湿し、その水分保持能力を高めるかが、改善の鍵となっています。
そのため、ワセリンや馬油、軟膏など、さまざまな保湿剤が使用されることになるわけですが、実はこの保湿剤がアトピー性皮膚炎を悪化させているケースが少なくないことも判明しています。

 

たとえばワセリンは、保存料や安定剤が含まれている可能性も高く、またものによっては精製が不純なことも考えられます。
そのため、敏感に傾いているアトピー性皮膚炎の肌には、刺激となる可能性があるのです。

 

また、軟膏などはべたつきがつよいので、肌表面にホコリやダニ、ハウスダストといったものが付着しやすく、細菌の温床になる可能性が指摘されています。

 

なるべく刺激が少なく、自分の肌や体質にあったものなら問題はないのですが、そのような保湿剤を見つけるのは至極困難なことなのです。

 

そもそも、人間の肌は本来保湿をせずとも自ら潤いを取り戻す力に満ちています。

 

それはアトピー性皮膚炎であっても同じこと。あわない保湿剤で余計に悪化させてしまうくらいなら、肌の自然治癒力を信じて保湿剤を使わないで耐えるという治療方法を推奨する人もいるようです。