MENU

>>売上実績が日本一の「保湿ケア化粧品」でアトピーケア!<<


保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

<日本小児看護学会>でその効果が発表されたすごい砂糖です!

アトピーあれこれ記事一覧

アトピー性皮膚炎には、何より保湿ケアが大切になってきます。アトピーになると、痒くて寝れなくなり、何をするにも集中できなくなります。細菌、ウイルス、黄色ブドウ球菌などがかなり多く皮膚上に存在しているのが、アトピー性皮膚炎です。通常の皮膚は、皮脂膜に黄色ブドウ球菌が増えるのを抑制しますが、アトピーの人の皮膚には、抑制する力がありません。アトピーの人は、皮膚をまず清潔に保つことが大事で、キレイに汚れを落...

アトピー性皮膚炎は完治するかというのは、大きな命題です。しかし、実際、完治というのは難しく、薬を使わなくても症状が出なくなったからといって、完治したとは判断できません。糖尿病や痛風は一度発症すると一生付き合う病気と言われていますが、このことはアトピー性皮膚炎にも言えます。アトピー性皮膚炎は、遺伝子によって左右されるアレルギー性疾患で、原因を特定して、その原因に対して適切なアプローチを行えば発症を抑...

アトピー性皮膚炎は、正しいケアで症状を抑えていかなくてはなりません。アトピーの人は紫外線が大敵なので、紫外線対策をしなければなりません。アトピーの人は肌が弱いので、日焼け対策は万全を期さなければなりません。日焼け止めをする時は数値の高いものは避けるべきで、数値が高いほど肌に負担がかるからです。SPF30前後のものを使用しながら、日傘や帽子、サングラスなどで対策するとよいでしょう。アトピー性皮膚炎に...

アトピー性皮膚炎の原因は様々で症状の再発と治癒を繰り返すのが特徴です。未だ完全に治癒すると言うレベルには至っておらず、外用薬や内服薬などによる治療を粘り強く続けていくことです。見た目では完治したように思われても再発することも多くあります。アトピー性皮膚炎の症状が発症した祭には病院に行くと、通常は炎症を抑えるための外用薬ステロイドを出されます。ステロイドを指示通り正しく使用することで炎症を抑えかゆみ...

肌のバリア機能が壊れ、かゆみや湿疹が起こってしまうアトピー性皮膚炎では、いかに肌を保湿し、その水分保持能力を高めるかが、改善の鍵となっています。そのため、ワセリンや馬油、軟膏など、さまざまな保湿剤が使用されることになるわけですが、実はこの保湿剤がアトピー性皮膚炎を悪化させているケースが少なくないことも判明しています。たとえばワセリンは、保存料や安定剤が含まれている可能性も高く、またものによっては精...

ヘパリン類似物質とは、肌の角質層を修復する物質です。肌の構造は、基底層、有棘層(ゆうきょくそう)、顆粒層、角質層からなっています。角質層には、細胞と細胞の間に細胞間脂質というものがあります。細胞と細胞を繋ぐ役割をしています。脂質と水分が交互に層をなしている構造をしています。これをラメラ構造といいます。ヘパリン類似物質とは、ラメラ構造を細胞間脂質や水分のバランスを整えて修復する役割をしています。角質...

アトピー性皮膚炎の治療によく使用されるのはステロイドですが、プロトピック軟膏(タクロリムス外用薬)というものも、よく使用されています。プロトピック軟膏(タクロリムス外用薬)とは、どのような薬なのでしょうか?肌の炎症を抑制する働きは強いですが、ステロイドよりも、副作用が少ないと言われています。プロトピック軟膏(タクロリムス外用薬)も副作用がないわけではありません。心配される副作用として、ヒリヒリとし...

アトピー性皮膚炎にヒルドイドが効果があると言われています。痒みや湿疹でダメージを受けたスキンケアに良いとされていて、ヒルドイドの効果は高い保湿力です。アトピー性皮膚炎は、乾燥、皮膚の細菌や汗など肌に関連しています。そのため肌は日常的にダメージを受けているので、スキンケアが必要になります。ヒルドイドの効果は肌の保湿です。病院でも薬という位置づけではなく、塗ることで肌を乾燥から守るスキンケアとして出さ...

ヒルドイドは、荒れた肌を保護して乾燥から守って保湿する働きがあります。肌には外界からの刺激から守るバリア機能というものがあります。バリア機能が低下している肌は、外界からの刺激により、肌トラブルを起こします。ヒルドイドはバリア機能効果もあるため、アトピー性皮膚炎の治療薬としても処方されることが多いです。ヒルドイドの種類は、ヒルドイドクリーム、ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドローションがあります。ヒル...

アトピーの方はヒルロイドを処方されたこともあるかもしれません。ヒルロイドは端的にいってしまえば肌内部での保水性が期待できる保湿剤のことです。ヒルロイドに含まれている有効成分のヘパリン類似物質が水分を上手にキャッチして保ってくれるので、肌の保水性の向上が期待できます。また、ヒルロイドの製品にはヒルドイドクリーム、ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドローションの3種利のタイプがあります。それぞれ肌触りやし...

プロペトは、皮膚を保護する働きがあり軟膏として使用されています。使用感がベタつかないこともあり、アトピー性皮膚炎の治療として処方されることもあります。プロペトは眼科用でもあり、眼に塗っても低刺激な薬です。プロペトのメリットは、保険適応され単体でも使用できる点です。プロペトのデメリットは、まれに皮膚の発疹、かぶれなどがあります。しかし、眼にも使えて、赤ちゃんでも安心して使用できます。プロペトはメリッ...

アレルギーマーチはアトピー素因やアレルギー体質を持っている人がアレルギー性疾患が年齢とともに、次から次へと発症する様子が行進しているように変わっていくのでアレルギーマーチと呼ばれるものです。アレルギー症状の変化は乳児期は牛乳や卵などの摂取で湿疹やアトピー性皮膚炎から始まり、生後6ヶ月頃から喘息、1〜2歳ぐらいから学童は気管支喘息を起こすようになります。この頃から食物アレルゲンにかわって、ハウスダス...

アトピーケアには保湿が一番です。アトピーには何より保湿が大事で、日々、肌を潤わせるということが大切です。保湿されていないとアレルゲンを取り込みやすくなり、痒みを引き起こしてしまう原因になります。アトピーケアには保湿が必須で、市販の保湿クリームでも良いので、肌が乾燥していない状態を維持することです。ケアする時は、保湿クリームは無添加物の物を選び、低刺激なものを選択することです。アトピーには、皮膚の水...

アトピーの人は、腸壁が普通の人より薄くなっている場合が多く、毒素が再吸収されて体じゅうをめぐる傾向があります。腸や内臓を強くしなければならないので、アトピーに良い食べ物は、菜食、魚、味噌汁、漬物などです。水をしっかり飲んで毒素を出すのも1つの方法です。また、お茶はアレルギー物質を抑える効果があります。逆に、乳製品、肉、揚げ物、添加物などは、避けたほうがいいでしょう。バジル、甜茶、よもぎ、アロエ、カ...

アトピーには、効果のある漢方がおすすめです。現代社会を取り巻く環境は、大気汚染、食品添加物、化学物質など様々な悪環境に支配されています。また、日本の住宅は気密化が進み、ダニやカビなどが蔓延しています。アトピー改善には、スキンケアや生活習慣、食生活の見直しが必須ですが、体質ばかりはそう簡単に変わるものではありません。そこでおすすめなのが漢方で、体質改善に有効です。もちろん、どんな漢方でも良いわけでは...

アトピーと乾燥した皮膚は関係があります。アトピー体質の人は、乾燥肌の人が多く、皮膚の一番表面にある角層の保湿機能が体質的に低下していると言われています。人間の皮膚は、皮膚の最上層の角層がしっかりしていれば、皮膚の水分を外へ逃がさないのですが、アトピーの人は、角層の保湿機能が弱っています。いわば、角層の下にある皮膚の水分が角層を通って表面へと逃げ出してしまっているのです。結果、アトピーの人は、乾燥し...